ネットで食品を安く購入する裏ワザ!

激安ネット通販の食品の総合情報サイト

あなたのネット通販食品購買を全面サポート

ネット通販で食品を買うことで食費が大幅に節約できます。総務省の発表では普通の家庭での1か月の食費の平均は7万円前後となっています。ネット通販の食材で30%節約できると2万円くらい毎月節約できます。 しかもネット通販で売られている訳あり食品などは形が悪くなっている程度です。味には問題なしです。

激安ネット通販食品の注意点

賞味期限が近づいていて激安の物をつい多めに買ってしまい、結局自宅の冷蔵庫の中で賞味期限が過ぎてしまっていては節約になりません。 たかが食材と思わずに計画的に買うことが必要です。計画的に買いませんと、何か買うのを忘れていたからと後から追加すると少量のために送料がかかってしまったということも起こります。

独身も主婦もネット通販食品で節約

ネット通販で売られている激安食品の多くは形が悪くなったりしてそのままではスーパーには出せないようなものです。ですからお味には全然問題がありません。お米のようにランク付けがある食品の場合には、食品店が出している商品はたいてい最高ランクの物ばかりです。ランクが1ランク落ちてもお味には問題ありませんからこれもネット通販の食品として買うことができます。

ネット通販に出ている訳あり食品としてはその他賞味期限が迫っているものがあります。これもメーカーが余裕をもって賞味期限を付けていますから、賞味期限が近くても全然問題はありません。

お肉やお菓子などの切れ端も訳あり食品としてネット通販にはよく出てきます。こうした食品は食品販売の一般ルートには出てこないことが多いですね。

形の悪い食品の例として野菜の形の悪いものがあります。一般ルートには載せられないくらい形が悪いものを無料で配布しているネットサイトもあります。これはこうした形の悪い野菜を無料で配布することで各農家の野菜を知ってもらい、お味が良ければ今度は農家と直接取引で買ってもらおうというシステムです。つまり無料で食材の野菜が手に入るというわけです。

通常のネット通販サイトでもプロモーションのために破格の半額セールなどをすることもありますね。こまめにサイトを見ていてそんなチャンスはぜひ利用するべきです。

こうしたネット通販の食品を購買する場合に注意しなくてはいけないのは送料有料のところが多いことです。多めに買わないと送料がかかってしまいます。

豊富な情報に振り回されないためのコツ

ネット通販の情報もアフィリエイトで稼いでいる人がいたりして情報が氾濫しています。ここは安くて便利と思って買ったらそれほどでもなかったということで後悔することもあります。 そうした後悔をすることのないようにネット通販の食材購入の基礎知識をまとめました。

TOPへ戻る